フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

10:2011年京都七福神めぐり

2011年1月14日 (金)

2011年 京都 都七福神めぐり 赤山禅院編 と3つの台紙

20117fuku00
さあ、最後の赤山禅院に到着しました。時刻は16時15分頃です。朱印は16時30分までなので、急いで福禄寿様のところへ。尚、赤山禅院では山門の前に車が数台止められる駐車場ががります。この日は、それほど人も多くなく駐車場も開いていました(我々は、バイクで行ったので、駐車場の脇の方へバイクを止めました)
ちなみに、赤山禅院では、多くの社があります。その中の1つに福禄寿様がおられるお社があります。急いでいたのですが、一応、「順路」に沿って各社にお参りして行きました。
ここでは、福禄寿様の形をしたおみくじなどもあります。
さあ、これで全ての朱印が集まりました。2011年が良い年でありますように(合掌)。

追記
この記事の最初にある写真は、恵比寿神社バージョンです。台紙は各所によって違います。下に、昨年、一昨年に集めた朱印(大黒天バージョンと六波羅蜜寺バージョン)を掲載します。それぞれ、少しづつデザインが違うのです。

Tifukujin002_2 昨年の集めた、六波羅蜜寺バージョンです。

台紙値段は忘れましたが、恐らく2000円くらいだと思います。

ご朱印代は300円です。






Sitifuku0011_2 一昨年集めた、大黒天バージョンです。

台紙の値段は、1500円でした(ご朱印代は300円)

2011年1月11日 (火)

2011年 京都 都七福神めぐり 松ヶ崎大黒天編

20117fuku05
さて、革堂の次は、松ヶ崎にある大黒天さんです。ここは、大文字でご存知の「妙法」の妙の麓にあります。駐車場がありますが、10台くらいですので、混雑しているときは駐車できないかもしれません。また、結構団体で参拝に来られる方も多いようです。この日も、タクシー数台に分乗したツアー客らしい人たちが参拝に訪れていました。
尚、本堂の前に石でできた大黒様がおられます。この大黒様をなぜたところがよくなるそうです。私は頭がよくなるよう、大黒様の頭をなぜておきました(^^;

また、ここでは毎年「小判守り」を買って、財布に入れています。大黒さんのご利益で、お金がたまりますように・・・・
そうこうしているうちに、時刻は16時を回りました。最後の、赤山禅院へ向かいます。

2011年1月10日 (月)

2011年 京都 都七福神めぐり 革堂(こうどう)編

20117fuku04
さて、革堂(行願寺)に到着しました。ここには、寿老神様がおられます。朱印を頂く場所は正面のお堂の左横ですが、寿老神様は本堂の左へ行ったところの社です。都七福神の旗(のぼり)があるので分かると思います。
朱印をもらって、ドライヤーで乾かしたあと、寿老神様の社に行こうとすると、たまたま昨年暮れに降った雪が解けた水が屋根から、ポトリ・・・ 台紙に水がついてしまいました。偶然にも空白の場所に水滴が落ちたのでよかったですが、朱印の上に落ちたら滲んでいたでしょうね。ちなみに、水滴が落ちて運が悪いと思うか、霊験あらたかな水滴が落ちて良かったと思うか人により違うでしょうが、私は後者の方です。

尚、革堂の場所は、寺町丸太町下がるです。街の中なので、駐車場はありません。最寄りの駅は、地下鉄烏丸線丸太町駅ですね(駅から徒歩10分くらい)。ちなみに、バイクの駐輪場もなかったで、門の横にこっそり留めておきました。

さて、現在時間は15時40分! あと、2ヶ所回らないと行けません。次は、松ヶ崎大黒天です。

革堂(こうどう)の紹介ページ

2011年1月 9日 (日)

2011年 京都 都七福神めぐり 東寺編

20117fuku03
ビッグボーイで、ちょっと時間を使ってしまったので、東寺に着いた時は15時頃でした。
東寺は駐車場もバイクをおける駐輪場もあります。バイクの駐輪代は200円でした。駐車場の案内役の方はかなり親切で、わざわざバイクが止められる場所まで、案内してくれました。

さて、この東寺には毘沙門天さんがおられます。ただし、東寺はかなり広いので初めて行く方は、毘沙門堂がどこにあるか分からないかもしれません。その時は、「都七福神」という旗(のぼり)がありますので、それを目印に探せばいいと思います(私も初めて来た時は、結構探しました)。早速、毘沙門様にお参りをして朱印をもらいに・・・
この朱印をもらう場所もちょっと分かりにくいと思いますが、東寺の中心に売店があるのですが、その売店の向かい側の建物で朱印がもらえます。

一応、東寺の境内は下のURLを参考にしてください。

東寺の境内案内

さて、時間は15時を回っています。急いで次の、革堂に向かってGO!

東寺の公式HP

2011年1月 7日 (金)

2011年 京都 都七福神めぐり ビッグボーイ編

20117fuku07

さて、万福寺から東寺へ向かう途中。時間は13時を回っています。ちょっとおなか減ったので、途中のビッグボーイ宇治店で昼食することにしました。入ってみると、結構混んでいます。待ち時間は15分程度とのこと。あまりゆっくりしていると、残り4箇所回れない可能性があるのですが、せっかく入ったのでとりあえず待つことにしました。
待つこと10分強。席が空いたので、早速、大俵ハンバーグ&カットステー を注文。税込1029円ですが、なかなかボリュームがあり味も良かったですね(ウェイトレスのお姉さんが、早口でちょっと聞き取りにくかったですが)。

あまり、ゆっくり食べていては間に合わないので急いで食べて、東寺へ向かってバイクを走らせました。現在、14時過ぎです。急がないと・・・・

2011年1月 6日 (木)

2011年 京都 都七福神めぐり 万福寺編

20117fuku02_2

さて、3カ所目は、宇治の黄檗にある万福寺です。ここには、布袋様がおられます。万福寺は宇治なので、ちょっと京都市内から遠いですが、駐車場もあるので車で行くには便利です。
また、ここでは拝観料が必要です(大人500円、中学生300円)。
早速、拝観料を払って中へ・・・
実は、万福寺は結構広く、朱印を頂く事務所までちょっと歩きます。その途中で、布袋さんがおられましたので、息子と一緒にお参りしました。
万福寺では、朱印を頂く台紙の他に、りっぱな掛け軸がありました。掛け軸に朱印をもらうのもいいですね(でも、ちょっと高かったですが)。

20117fuku10

また、ここには売店があり、その中でお守りや布袋さんの置物などを売っています。全てご祈祷されているとのことですので、お札と同じご利益があるそうです。
ちなみに、ここで七福神の小さいな置物を買いました(上の写真です。1580円)。
おっと、今時計を見ると13時を回っています。ご朱印は16時30分までです。あと4か所回らないといけないので、急いで次の東寺に行きますね。

万福寺の公式HP

2011年1月 5日 (水)

2011年 京都 都七福神めぐり 六波羅蜜寺編

次に行ったのは、えびす神社から徒歩5分くらいの所にある、六波羅蜜寺です。ここは、弁財天様がおられます。この日は、かなりの参拝者がおられ、ちょっと混雑していました。ここでは独自の台紙の他に、扇型をした台紙もありました。それぞれ、工夫を凝らしているのですね。
早速、弁財天様の朱印を頂きましたが、うっかり写真を撮り忘れました(^^;

尚、六波羅蜜寺も街中にありますので、駐車場はありません。寺の脇に数台止められる駐車場がありましたが、一般の参拝者が駐車できるかは?です。ですので、ここも京阪電車などで行く方がいいでしょうね。

六波羅蜜寺の公式HP

2011年 京都 都七福神めぐり 恵比寿神社編

20117fuku01

京都の七福神をめぐる「京都七福神めぐり」に今年も行ってきました(今年で、3回目です)。七福神めぐりは、京都の7つの神社仏閣をめぐり、朱印などを賜ります。

実は、朱印等の台紙は各神社等でそれぞれ違うので、7つ全て集めようとしているのです(スタートするところで台紙を購入)。

一昨年は、松ヶ崎大黒天(大黒様)からスタートしました。また、昨年は、六波羅蜜寺(弁天様)からスタートしました。今年は、恵比寿神社(えびす様)からスタートです。えびす神社では、朱印の台紙が3種類ありました。今回は金色の台紙を購入(えびす神社の朱印代300円を含み2800円)。

ちなみに、この日は1月3日の午前11時30分頃でした。参拝者の方はそれほど多くなく、かなりスムーズに朱印をもらうことができました。尚、今年も息子とバイクで回ったので、駐車場の心配はいりません。えびす神社は京都の町中にあるので、恐らく駐車場はないでしょう。電車なら京阪電車の祇園四条駅から徒歩10分くらいです。どうしても車で行きたい方は、四条近辺には100円パークも多いので、そこを利用されればいいと思います。

上の写真は、えびす神社で購入した台紙と、えびす神社の朱印です。さあ、次は六波羅蜜寺(弁天様)に行きます。

余談ですが、おまかせ京都という会社が、都七福神の朱印をもらってきてくれるサービスをやっています。京都まで来れない方は、このようなサービスを使うのもいいですね。