フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

06:京都サンガFC応援記

2011年5月15日 (日)

2011京都サンガFCが弱い理由!

2011sanga005
平成23年5月15日(日)、西京極競技場で京都サンガ対カターレ富山戦がありました。もちろん、応援に。しかし、結果は0-0の引き分け。負けはしなかったですが、まったく点がとれずにスコアレスドロー。試合を見ていて非常に感じたのですが、やはり選手個々の能力が低いです(低すぎる)。そりゃまJ2ですから、いい選手がいる訳ないのですが、それにしても能力不足だと思います。昨年はJ1でしたが、相手ゴール前でのシュートの精度が非常に低いと感じましたが、今年はシュートさえできない状況。特に、サイド攻撃がまったくできていない。特にサンガの左サイドアタッカーの選手(名前はいいませんが)は、まったくダメです。左サイドで張っていて、ボールが来てもすぐに中に入れてしまい、相手DFと勝負してサイド突破しようとする気がまったくない。これでは、サイドからクロスも上がらない。
数年前、サンガに加藤大志という選手がいました(当時は加藤選手の大ファンでした)。当時の加藤選手の、サイドを突破して相手ゴール前までボールを運ぶ姿が非常に懐かしく思います。とにかく、点を取らないと勝てません。今の京都サンガでは、とても点がとれそうな気がしない。これでは1年でのJ1復帰どころか、3年くらいJ2暮らしが続きそうです。

ちなみに今日の観客は、5,464人。このまま勝てなければ、3000人割れもありそうです。
さあ、どうする大木監督!次は、changeの姿を見せて欲しいものです!!

2011年5月 8日 (日)

Jリーグ再開!京都サンガFC今期初勝利!

2011sanga01
平成23年4月24日、東北関東大震災で中断されていたJリーグが再開されました。私が応援している京都サンガFCは、ホーム西京極競技場で、ファジアーノ岡山を迎えうちました。試合開始前に、雷を伴う豪雨があったので試合開始が10分ほど遅れましたが、13時15分頃無事キックオフ。試合は京都サンガの高校生ルーキ―久保選手の得点等で2-1で勝利(パチパチ)。今季、2試合目で初勝利です。この勢いでJ1昇格まで行って欲しいものです。
ちなみに、この日の観客は9161人でした。確か去年のJ1での西京極開幕戦は15,000人くらいだったと思いますので、やはりJ2になって観客が減ってますね。ま、何はともあれ、今年は若手育成とJ1昇格を両立させないといけないので、難しいでしょうが、頑張って欲しいものです。

2011年3月27日 (日)

京都サンガFC 東北関東大震災チャリティマッチ!

2011sanga001
昨日(平成23年3月26日)、京都西京極競技場で京都サンガFC対セレッソ大阪の、東北関東大震災チャリティマッチがあり、行ってきました。この試合の入場料やグッズ売りなどの収益は、被災地への義援金になるそうです(しっかり、募金してきました)。
この日は、チャリティマッチということで、試合前には選手・スタッフ・観客全員で黙とうを行いました。また、応援はタイコなどの鳴り物は禁止で、声だけの応援でした(ですので、選手の声が良く聞こえた)。
2011sanga002_2
試合は、0-2でセレッソ大阪の勝ち。J1チームの貫録勝ちってところでしょうか。京都サンガの方は、あい変らずディエゴが下がってボール受けるし、デュトラはムリなドリブルするし、点が取れないですね~。4月24日からリーグ戦が再開されますが、大丈夫かな?かなり心配。
ちなみに、この日の入場者は5400人くらいでした。入場料の平均が2000円とすると、約1千万円強が義援金として送られることになります。小さな力ですが、全国民の力を合わせれば大きな力になる。
2011sanga003_2
尚、試合終了後は、京都サンガ、セレッソ大阪の両チーム選手が復興を願い場内を一周しました。1日も早い復興を願うばかりです。

2011年2月24日 (木)

京都サンガFC スポンサーパーティに行ってきました。

Sanga20112
平成23年2月23日に、ホテルグランビア京都で京都サンガFCのスポンサーパーティがありました(一応、小額ですがスポンサー契約しているので招待されました)。
今年の京都サンガは、有名選手はいませんが、若くて実力のある選手やベテラン選手が揃っていると思います。しかし、きっと今年1年でJ1復帰して、来年以降はJ1に定着してくれるでしょう(というか、期待してます)。

ちなみに、この日は最初に20分ほど選手紹介があった後は、各テーブルに選手が来ていろいろ話ができました。色紙も用紙してあり、サインもしっかりもらいました。
また、下の写真は今年のユニフォームです。赤が半分入っているのが気に入りませんが、ま、いいとしましょう(だんだん、赤が多くなっていくが、サンガはあくまで紫魂なので、フロントや会社の方はお忘れなく)。

Sanga20111
ということで、3月5日から開幕です。開幕戦はアウェーで水戸ホーリホック戦です。ここは、軽く勝って、次の3月13日の西京極開幕戦である熊本戦も、大勝利を治めて欲しいものです。パーサー君やコトのちゃんも応援してね(^^)

Sanga20113
3月13日(日)京都サンガFC対水戸ホーリホック 西京極 13時キックオフ



2010年11月21日 (日)

京都サンガFCついにJ2降格。

Sanga800_2
私が応援している京都サンガFCですが、残念ながらJ2降格が決まってしまいました。今年の試合を見ていると、正直ってJ1のチームではないと感じていました。ゴール前までボールを運ぶパスの精度も悪いし、シュートの精度も悪い(とくにかく枠に飛ばない)。これで4度目のJ2降格です。ま、来年1年はじゅっくりJ2でチームを強化して、次にJ1昇格する時は本当にJ1に定着できるようになってほしいです。

ちなみに、昨日はJ2降格決定後、最初のホームで相手は大宮アルディージャでした。実は、大宮は毎年J2降格争いをしているのですが、毎年ギリギリで残留を決めています。大宮って不思議なチームだなとか、毎年まぐれで残留しているのかな?なんて思っていたのですが、昨日の大宮の試合を見ていて、それは間違いと分かりました。ゴール前までボールを運ぶパスの精度、FWの飛び出しなど全てが京都サンガより上でした。大宮はまぐれで残留しているのではなく、やはり実力はJ1でした。京都サンガもはやくJ1の実力が身につくように成って欲しいです。
来年はJ2ですが、今年以上に応援するつもりです。

余談ですが、大宮戦の後にサポータがサンガの社長の説明を求めて、居残りをしていたことが京都新聞に報道されました。記事に写真が載っているのですが、私も最前列で映っていました。

京都新聞の記事

2010年7月22日 (木)

J1サッカーでもマーケティングが必要:京都サンガFCに試合から!

Sanga500
先日、J1リーグ京都サンガの応援に来ました。相手は、最下位(18位)の湘南ベルマーレです(試合前の時点でサンガは17位)。今日の試合に負けると最下位に転落という大事な試合です。観客も11,000超入っています。
しかし、結果は0-1で京都サンガの負け。試合内容もミスが多く、とても勝つ気がしない試合でした。この時点で最下位です。このままいけば、J2陥落の危機です。もちろん、サポータはブーイング。私も気持ちは思いっきりブルーでした。ま、負けた物はしかたないということで、帰途についたのですが、帰る途中でサンガのスタッフがニコニコしながら、「次節のチケットはこちらで販売してま~す」とか「サンガ応援のぼりいかがですか~」なんて、能天気に言っています。試合に負けて、おまけに最下位になったのに、何をニコニコしながらチケット売っているだ!(怒)。という感じです。

これが、「今日は負けて最下位になったけれど、次節みんなで応援して上位進出を図りましょう!」、「次節のチケットはこちらです~」的な言い方なら、まだ買うかもしれません。
まったく、顧客の気持ちを考えていない売り方ですね。これは、悪いマーケティングの例です。物を売る時は、必ず買う方の気持ちになって、対応しなければいけません。

私はネットショップコンサルを多くやっています。ネットショップの場合は、お客様はネットの購入ボタンを押されるだけなので、さすがにどのような気持ちで買われているかまでは分かりません。しかし、アクセスログを分析して、どのページから入り、どのページに移動し、最終的にどうやって購入されたかを分析します。そして、その移動経路から何を求めているかの仮説を立ててページを改善します。つまり、お客様の気持ちを考えているのです。
常にお客様の気持ちを考える。これは商売の基本中の基本なのです。

2010年6月 1日 (火)

京都サンガFC勝利と無料サンプル!

Sanga301_4
平成22年5月30日、西京極競技場でナビスコカップ第5節京都サンガFC対名古屋グランパスエイトの試合がありました(もちろん、サポータの私も応援に行きました)。結果は、1-0で京都サンガの勝利。パチパチ!
ところでこの日の観客は16000人超。普段のリーグ戦でもこんなに入らないのに、ナビスコで16000人とはすごい。しかし、実はこの日は、小中学生無料招待やスポンサー招待などがありました。ですので、有料入場者数はもっと低い数字なるでしょう。

Sanga302_2
簡単に言うと、ナビスコカップは普段あまり観客が来ないので、動員をかけたということです。正直言って、桜呼んで観客16000人超と言うのは、ちょっとずるい気がしますね。しかし、この日は相手チームが1軍半といえ、無失点で勝利しました。つまり、いい試合を見せたのです。動員で来ている人達もいい試合を見れば、次は入場料払って見に来たいと思うでしょう。

ちなみに、私がコンサルしているある会社では、商品の無料サンプルを配っています。もちろん、サンプルを使ってもらい気に入ったら買ってもらう作戦です。もしサンプル商品がいまいちなら、誰も買いませんが、サンプルが非常によいものなら購買に繋がるでしょう。

サンガの場合も、無料招待するということは、無料サンプルを配るようなものです。無料で試合を見て、いい試合だったら次も来たいと思います。無料サンプルを配る作戦は、商品販売でもサッカーでもやり方は同じでしょうが、当然ながらいい商品(いい試合)でないと購買に繋がりません。やはり商売は内容勝負だと思います。
京都サンガFCも、西京極で良い試合をすることが、観客動員の王道です。それをしっかり認識して、次からも良い試合をして欲しいものです。